離婚分割との関係

離婚分割には「合意分割」と「3号分割」があります。

一般的にはまだまだ妻からの分割請求が多いため、ここでは、分割請求する側を妻、分割される側を夫、障害厚生年金受給者を夫と仮定しています。

合意分割の場合

【合意分割】

平成19年4月1日以後に離婚等をし、以下の条件に該当したときに,婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を当事者間で分割することができる制度です。

  • 婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)があること。
  • 当事者双方の合意又は裁判手続により按分割合を定めたこと。

障害厚生年金受給者が離婚し、対象期間(婚姻期間)の全部又は一部が障害厚生年金の額の計算の基礎となっている場合、障害厚生年金の額は、標準報酬改定請求のあった日の属する月の翌月から改定されます。

3号分割の場合

【3号分割】

平成20年5月1日以後に離婚等をし、以下の条件に該当したときに、国民年金の第3号被保険者であった方からの請求により、平成20年4月1日以後の婚姻期間中の3号被保険者期間における相手方の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を2分の1ずつ、当事者間で分割することができる制度です。

  • 婚姻期間中に平成20年4月1日以後の国民年金の第3号被保険者期間中の厚生年金記録※(標準報酬月額・標準賞与額)があること。
  • 請求期限(原則、離婚等をした日の翌日から起算して2年以内)を経過していないこと。
  • 障害厚生年金受給権者が特定被保険者(年金記録を分割される方)の場合で、特定期間(婚姻期間中の平成20年4月1日以後で被扶養配偶者が国民年金第3号被保険者期間)の全部を障害厚生年金の計算の基礎としている場合、「3号分割による改定請求」をすることはできません。
  • 障害厚生年金受給権者が特定被保険者の場合で、特定期間の一部を障害厚生年金の計算の基礎としている場合、計算の基礎とされていない期間については、「3号分割による改定請求」をすることはできます。
  • 3号分割による改定請求後に、特定被保険者が障害厚生年金受給権者になったとき、その障害厚生年金の計算の基礎としている期間に、特定期間が含まれている場合、3号分割による改定請求は取り消され、改めて分割後の年金が計算し直されます。
  • 合意分割による改定請求をしたことにより、平成20年4月以後の特定期間について3号分割請求があったものとみなして年金記録が改定された後に、特定期間の全部又は一部が障害厚生年金の計算の基礎となっている期間と重複していた場合は、特定期間を除き、改めて当初の合意分割請求時の按分割合に基づいて年金記録が改定されます。また、障害厚生年金額は、合意分割請求日の属する月の翌月分から分割後の記録に基づき、年金額が改定されます。