■障害年金のことでお困りではありませんか?初回相談無料!お気軽にご相談ください

★番号を通知しておかけください★
075-756-7153

留守番電話にメッセージを残していただきますようお願い致します。
改めてこちらからご連絡いたします。

営業時間
10:00~18:00
お休み
日曜日・祝日
✯コロナウイルス感染症対策として✯
ご面談時はマスクの着用をお願い致します。

障害年金と老齢年金

60歳~65歳未満の方

一人一年金の原則

老齢年金と障害年金は両方をもらうことはできません
(いずれかを選択します)

特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)

厚生年金(各共済組合と合算して)1年以上加入したことのある方で以下の生年月日の方が受給することができる年金です。
受給資格期間10年ある方が受給できます。

  • 男性 昭和36年4月1日以前生まれ
  • 女性 昭和41年4月1日以前生まれ

支給開始年齢は生年月日によって変わります。

障害者特例

特別支給の老齢厚生年金を受給者厚生年金の被保険者でない方が、障害等級3級以上の障害の状態にある場合にもらえる老齢年金の特例。報酬比例部分定額部分を合わせた特別支給の老齢厚生年金です。

「障害者特例」に該当すると、障害者特例を請求した月の翌月分から報酬比例部分と定額部分が支払われますが、障害年金をもらっていた方は、特別支給の老齢厚生年金の支給開始時から障害者特例に該当します。
(ただし、平成26年4月より前には遡りません。)

「障害者特例」に該当した特別支給の老齢厚生年金には、加給年金額加算対象となる配偶者や子がいる場合、加給年金額が加算されますが、原則厚生年金に20年以上加入していなければなりません。

※厚生年金被保険者資格を取得した場合、障害者特例の適用から外れ定額部分、加給年金額は支給停止されます。

65歳以上の方

有利なもらい方を考えます

障害等級1級・2級のケース
  1. 老齢基礎年金 と 老齢厚生年金
  2. 障害基礎年金 と 老齢厚生年金
  3. 障害基礎年金 と 障害厚生年金
  4. 老齢基礎年金 又は 障害基礎年金
    ※厚生年金に加入したことのない方

以上の組み合わせに併せて「障害年金生活者支援給付金」又は「老齢年金生活者支援給付金」を考慮します。

障害等級3級のケース

障害基礎年金が発生しないため次の1.又は2.のいずれかになります。

  1. 障害厚生年金3級
  2. 老齢基礎年金 と 老齢厚生年金

以上の組み合わせに併せて「老齢年金生活者支援給付金」を考慮します。

お問合せ・ご相談

075-756-7153

営業時間:10:00〜19:00
休業日:日曜・祝日