障害年金の請求事由(方法)

認定日請求

障害認定日において一定の障害状態にある場合は「認定日請求」ができます。

「認定日請求」の場合、認定日以後3か月以内の現症の診断書が必要となります。

事後重症請求

障害認定日において一定の障害状態になかった方が、その後状態が悪くなったときに請求することができます。ただし、65歳に達する日の前日までに請求書を提出する必要があります。

初めて障害等級の1級または2級に該当したことによる請求

2つ以上の障害を併せて、初めて障害等級2級以上に該当したときに請求することができます。

前発の障害については、その障害が3級以下のもので、一度も1級または2級に該当したことがないものになります。

後発の障害のことを「基準障害」といい、納付要件等は「基準障害」で確認することになります。

初めて障害等級の1級または2級に該当したことによる請求は、65歳に達する日の前日までに障害等級の1級または2級に至ったことが確認できる診断書の添付が可能であれば、65歳以降でも請求が可能です。