障害年金

 障害年⾦は、病気やケガによって日常生活や仕事などが制限されるようになった場合に、請求して受け取ることができる年⾦です。

 病気やケガで初めて医師または歯科医師の診療を受けた日に加入していた年金制度から障害年金を受給することになります。

  1. 国民年⾦に加入していた場合・・・「障害基礎年⾦
  2. 厚生年⾦に加入していた場合・・・「障害厚生年⾦
  3. 共済組合に加入していた場合・・・「障害厚生年金
    ※被用者年金一元化により、名称が障害厚生年金に統一されています。

障害年金を請求するには、次の3つの要件を確認する必要があります。

障害年金請求のための3つの要件

障害年金のはじめの一歩!

障害年金は病気やケガで初めてお医者様に診てもらった日を確認することから始めます。

保険料は納めてありますか?

初診日までの納付の状況を
確認していきます。

障害の状態は?

障害年金には障害を確認する
基準があります。

障害年金の基礎知識

  • 障害年金には、障害の程度によって等級があり、等級毎に金額も違います。また請求するためには多くの書類を整えなければなりません。
  • 複数の傷病がある場合は、その傷病の関係性が影響することもあります。
  • 老齢年金や遺族年金をもらっている方でも障害年金は請求していただくことができますが、注意点などがあります。
  • 2級以上の障害年金をもらっている方には年金生活者支援給付金が給付されます。

3つの要件の確認から請求、そして受給後までの流れ

記録確認

年金事務所で今までどれだけ保険料を納めてこられたのかを確認します。

初診日と納付要件の確認

初めてお医者様に診てもらった日と納付要件を確認し、ご依頼人様にとって一番有利な請求方法を検討します。

診断書の作成依頼

請求方法が決まりましたらお医者様に診断書の作成をお願いします。

病歴・就労状況等申立書の作成

どのように生活しているのか、困ったことは何か、通院のことや入院のことなど、伝えておきたいことなどをまとめます。

請求書類等の提出

できあがった書類をチェックし、漏れや誤りがなければ、戸籍謄本等の必要書類を揃えて年金事務所へ提出します。

受給について決定

障害年金が決定しましたら「年金証書」が送付されます。

不支給の場合は「不支給決定通知」が送付されます。