障害年金

 障害年⾦は、病気やケガによって日常生活や仕事などが制限される時に、請求して受け取ることができる年⾦です。

 病気やケガで初めて医師または歯科医師の診療を受けた日に加入していた年金制度から障害年金を受給することになります。

  1. 国民年⾦に加入していた場合・・・
    障害基礎年⾦
  2. 厚生年⾦に加入していた場合・・・
    障害厚生年⾦
  3. 共済組合に加入していた場合・・・
    障害厚生年金
    ※被用者年金一元化により、名称が障害厚生年金に統一されています。

障害年金を請求するには、次の3つの要件を確認する必要があります。

障害年金請求のための3つの要件

障害年金のはじめの一歩!

障害年金は病気やケガで初めてお医者様に診てもらった日を確認することから始めます。

保険料は納めてありますか?

初診日までの納付の状況を
確認していきます。

障害の状態は?

障害の程度を確認します。

  • 障害年金には、障害の程度によって等級があり、等級毎に金額も違います。また請求するためには多くの書類を整えなければなりません。
  • 複数の傷病がある場合は、その傷病との関係が影響することもあります。
  • 老齢年金や遺族年金をもらっている方でも障害年金は請求していただくことができますが、注意すべき点があります。
  • 2級以上の障害基礎年金をもらっている方には年金生活者支援給付金が給付されます。

障害年金の基礎知識

① 障害年金の等級
② 障害年金の金額
③ 請求方法
④ 必要書類
⑤ 障害の程度
⑥ 相当因果関係

お問合せ・ご相談

お気軽にお問合せください

075-756-7153

営業時間:10:00〜19:00
休業日:日曜・祝日