障害年金

 障害年⾦は、病気やケガによって日常生活や仕事などが制限されるようになった場合に、請求して受け取ることができる年⾦です。

 病気やケガで初めて医師または歯科医師の診療を受けた日に加入していた年金制度から障害年金を受給することになります。

  1. 国民年⾦に加入していた場合・・・「障害基礎年⾦
  2. 厚生年⾦に加入していた場合・・・「障害厚生年⾦
  3. 共済組合に加入していた場合・・・「障害厚生年金
    ※被用者年金一元化により、名称が障害厚生年金に統一されています。

障害年金を請求するには、次の3つの要件を確認する必要があります。

障害年金の3つの要件

障害年金のはじめの一歩!

障害年金は病気やケガで初めてお医者様に診てもらった日を確認することから始めます。

保険料は納めてありますか?

初診日までの納付の状況を
確認していきます。

障害の状態は?

障害年金には障害を確認する
基準があります。