Q&A

よくあるご質問

障害者手帳の等級と障害年金の等級は同じになりますか?

残念ながら、同じではありません。認定の基準が異なっているためです。

先日、障害年金には納付要件があると知りました。今まで保険料を納めていなかったので、今頑張って保険料を納めています。大丈夫ですか?

初診日以降に納めた保険料は、保険料納付済み期間にはならないため、保険料納付要件を満たさなくなることがあります。

働いていても障害年金はもらえますか?

はい、もらえます。
ただし、20歳前に初診日のある障害基礎年金の場合、所得金額によっては年金額の一部が停止、又は全部が停止されます。

医者に障害年金はもらえないと言われました。本当に無理なのでしょうか?

障害年金の認定基準に当てはまる程度の障害の状態であれば、受給できる可能性はありますので、当相談室にご相談ください。

現在63歳で障害厚生年金を受給しながら働いてきましたが、来月末退職することになりました。厚生年金は20年以上加入しています。
何か手続しなければならないことはありますか?

65歳までの方で特別支給の老齢厚生年金のお手続きをされている方は、「障害者特例」に該当しますので特例のお手続きが必要です。又、65歳未満の配偶者、18歳未満のお子様がおられる場合、加給年金額が加算される可能性があります。
また、障害年金と老齢年金のどちらを受給するかを選択することになります。
他にも雇用保険の基本手当と老齢年金との調整なども含めて総合的に考える必要があります。

現在68歳です。障害年金は請求できますか?

障害年金は65歳を過ぎますと、認定日請求のみ可能です(事後重症請求はできません)。
また、老齢厚生年金と障害厚生年金は同時にもらうことができません。(障害基礎年金と老齢厚生年金は併給可能)

私は障害基礎年金を受給しています。今後も障害基礎年金を受給するつもりなので、老齢年金の手続きをしなくてもよいでしょうか?

1ヶ月でも厚生年金加入期間がある場合、老齢厚生年金は障害基礎年金と併給して支給されますので、必ず手続きをしてください。
また、障害状態が軽快し、障害基礎年金が支給停止された場合、老齢基礎年金に切り替えることができますので、お手続きするようにしてください。

私は間もなく65歳になり、老齢基礎年金満額もらうことができます。付加年金も納めてきました。今まで障害基礎年金2級を受給してきましたが、せっかく納めてきたので老齢基礎年金に切り替えたいと考えていますがどうでしょうか?

老齢基礎年金満額と障害基礎年金2級は同額ですから、以下のことを踏まえてどちらを受給すれば良いか検討してください。
 1.振替加算の有無
 2.年金生活者支援給付金の額
 3.課税・非課税
 4.18歳未満の子の有無

老齢年金を繰上げすると障害年金はもらえないと聞きましたが本当ですか?

老齢年金の繰り上げ請求をされますと、事後重症請求ができなくなりますが、認定日請求はしていただくことができます。
ただし、初診日によっては認定日請求もできないケースがありますので、お手続きをご検討されるときは当相談室にご相談ください。

学生の頃、大きな事故で重度の障害が残ってしまいました。当時の学生は年金に加入しなくてよかったので、加入していませんでした。障害年金はもらえますか?

平成3年3月までの学生は、国民年金に加入してもしなくてもよかった時代がありました。(任意加入)
その学生時代(20歳以降)に重度の障害を負ってしまった学生は障害年金がもらうことができませんでした。
そのような学生たちを救済するために、「特別障害給付金」制度が創設されました。

昭和61年3月までのいわゆるサラリーマンの妻も任意加入対象者であったため、特別障害給付金の対象となっています。

障害年金はもらえなくても、特別障害給付金の対象となる可能性があります。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-756-7153

営業時間:10:00〜19:00
休業日:日曜・祝日