★障害年金のご相談・ご請求は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う
京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分

受付時間
24時間
休業日
日曜日・祝祭日
初回相談無料
要事前予約

障害年金をもらっている方

障害年金が決定した後や、他の給付を受けることができるときの調整について

障害年金が決定した後

障害年金が決定したらそれでおしまい!ではありません。

定期的に手続きが必要なもの、障害の程度の変化によって必要なもの、他年金との関係において必要なものなどがあります。


障害状態確認届

 障害年金の決定には、「有期認定」といって、定期的(1年から5年の更新があります)に「障害状態確認届」を提出し、その都度障害状態を診査する決定と、「永久認定」といって、障害の程度に変化がなく固定しており、診査の必要がない決定があります。

 「有期認定」の場合、更新時期になると、日本年金機構から「障害状態確認届」が送付されますので、「指定日」(受給権者の誕生日の属する月の末日)までに、必ず提出しなければなりません。

提出し忘れると、障害年金が「一時差し止め」されることがあります。

 また、次のいずれかの日以後1年以内に指定日が到来する年には提出する必要はありません。

  1. 障害年金の裁定が行われた日
  2. 障害年金の額の改定請求が行われた日
  3. 全額支給停止となっていた障害年金の支給の停止が解除された日

障害状態確認届は次の点に注意してください。

  1. 医師・歯科医師が作成した診断書であること
  2. 指定日前1か月以内に作成された(現症日)ものであること
  3. 診査対象の傷病について記載されていること
  4. 「障害状態確認届」の未提出により、長期間差し止めされている場合、まだ時効になっていない年以降、毎年誕生月の現症の診断書を提出することになります。
    提出できないときは、提出できない理由書を添付します。

障害給付 額改定請求書

 障害年金が決定した後、「障害状態確認届」の提出によって年金額の改定が行われることがありますが、受給者から障害の程度が増進したことによる年金額の改定を請求することもできます。

 改定請求は、障害年金の受給権を取得した日または、「障害状態確認届」による診査を受けた日から起算して1年を経過した日でなければ、行うことはできません。

 ただし、「年金機能強化法」に規定された、明らかに障害の程度が増進したことがわかる場合は1年を待たずに請求することができます。

 また、請求日において65歳以上で、過去に1度も2級に該当したことのない障害厚生年金3級の受給者は、年金額の改定請求はできません。

 提出する診断書は、提出日前1か月以内の現症日のものが必要です。

 


支給停止事由消滅届

 障害の状態が軽快し、障害年金が支給停止されてから65歳になるまでに、障害の程度が重くなり、再度障害年金が受けられる程度になった場合、速やかに「支給停止事由消滅届」を提出する必要があります。

 診断書は停止となった日の現症日のものが必要です。障害状態に該当した場合は、診断書の現症日で停止が解除されることになります。


障害者特例・繰上げ調整額請求書…老齢年金の特例です
(繰上げ調整額停止事由消滅届)

特別支給の老齢厚生年金の受給者が、厚生年金の被保険者でなく、かつ、障害状態3級以上に該当するときに提出します。老齢年金のいわゆる「障害者特例」と言われるものです。一部繰上げ者でないことが必要です。

 添付する診断書は以下の2通りで分かれています。

  1. 障害年金受給権者でない場合(受付日前1か月以内の現症日の診断書が必要)
  2. 障害年金受給権者である場合(診断書は不要)

加算額の対象である子が障害状態になったとき

障害状態になかった子が18歳到達日以後最初の3月31日以前に障害状態になったとき

  • 「障害基礎年金・加給年金額対象者の障害該当届」(様式第214号)を提出します。
  • 18歳到達日以後最初の3月31日以前の現症の診断書を添付します。

 

障害状態になかった子が18歳到達日以後最初の3月31日より後に障害状態になったとき

  • 「障害給付加算額・加給年金額加算開始事由該当届」(様式第229-1号)を提出します。
  • 障害の状態に至った日の現症の現症の診断書を添付します。

 

複雑な年金制度を理解して検討することは難しいことです。そんな時は、お一人で悩まずどうぞ当相談室をご利用ください。

その他メニューのご紹介

離婚分割との関係はこちら

当相談室のご相談の流れです

当相談室の料金について