★障害年金のご相談・ご請求は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う
京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分
面談はご希望の場所までお伺い致します

メッセージを残していただけましたら
折り返しご連絡いたします
075-756-7153
受付時間
お電話での応対は平日午前10時~午後5時となっております
休業日
土曜日・日曜日・祝祭日
障害年金の初回相談は
無料です!
事前にご予約をお願いいたします
ご希望の場所までお伺い致します

障害年金の等級

何級からあるの?

 障害年金はその障害によって労働や日常生活に制限を加えることが必要となった場合に障害等級に応じて年金が支給されます。

 障害基礎年金の障害等級は、1級または2級障害厚生年金の障害等級は1級2級、または3級に該当することが要件となります。

 障害厚生年金の1級または2級に該当する場合は、障害基礎年金も支給されます。

 また、厚生年金被保険者期間中の初診日から5年以内に治り、障害等級3級より軽い障害が残った場合には「障害手当金(一時金)」が支給されます。


【1級】障害基礎年金・障害厚生年金

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとする。他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものである。

(国民年金法施行令別表)

2級】障害基礎年金・障害厚生年金

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。

(国民年金法施行令別表)

【3級】障害厚生年金(厚生年金のみ)

 労働が著しい制限を受けるかまたは労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。また、「傷病が治らないもの」にあっては、労働が制限を受けるかまたは労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。

(厚生年金保険法施行令別表第1)

【障害手当金】(厚生年金のみ)

 「傷病が治ったもの(※2)」であって、労働が制限を受けるかまたは労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。

(厚生年金保険法施行令別表第2)

 

※2「傷病が治ったもの」とは、器質的欠損や変形等の場合は、医学的に傷病が治ったとき、またはその症状が安定し、長期にわたってその疾病の固定性が認められ、医療効果が期待できない状態に至った場合のことをいいます。