★障害年金のご相談・ご請求は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う
京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分
面談はご希望の場所までお伺い致します

メッセージを残していただけましたら
折り返しご連絡いたします
075-756-7153
受付時間
お電話での応対は平日午前10時~午後5時となっております
休業日
土曜日・日曜日・祝祭日
障害年金の初回相談は
無料です!
事前にご予約をお願いいたします
ご希望の場所までお伺い致します

離婚分割との関係

 

合意分割と3号分割

離婚分割には「合意分割」と「3号分割」があります。

合意分割の場合
  • 障害厚生年金受給者が離婚し、対象期間が障害厚生年金の額の計算の基礎となっている場合、障害厚生年金の額は、改定請求のあった日の属する月の翌月から改定されます。
3号分割の場合
  • 障害厚生年金受給者が特定被保険者(分割する方)の場合で、特定期間の全部を障害厚生年金の計算の基礎としている場合、「3号分割」による離婚分割をすることはできません。
  • 特定期間の一部を障害厚生年金の計算の基礎としている場合、計算の基礎となっていない期間については、「3号分割」による離婚分割をすることはできます。
  • 「3号分割」後、特定被保険者が障害厚生年金を受給するようになったとき、その障害厚生年金の計算の基礎としている期間に、「3号分割」による離婚分割をした期間が含まれている場合、「3号分割」は取り消されます。