★障害年金のご相談・ご請求は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う
京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分
面談はご希望の場所までお伺い致します

メッセージを残していただけましたら
折り返しご連絡いたします
075-756-7153
受付時間
お電話での応対は平日午前10時~午後5時となっております
休業日
土曜日・日曜日・祝祭日
障害年金の初回相談は
無料です!
事前にご予約をお願いいたします
ご希望の場所までお伺い致します

障害年金の請求事由(方法)

請求事由(方法)にはどんな方法があるの?


認定日請求

障害認定日において一定の障害状態にある場合は「認定日請求」ができます。

「認定日請求」の場合、認定日以後3か月以内の現症の診断書が必要となります。

事後重症請求

障害認定日において一定の障害状態になかった方が、その後状態が悪くなったときに請求することができます。ただし、65歳に達する日の前日までに請求書を提出する必要があります。

初めて障害等級の1級または2級に該当したことによる請求

2つ以上の障害を併せて、初めて障害等級2級以上に該当したときに請求することができます。

前発の障害については、その障害が3級以下のもので、一度も1級または2級に該当したことがないものになります。

後発の障害のことを「基準障害」といい、納付要件等は「基準障害」で確認することになります。

初めて障害等級の1級または2級に該当したことによる請求は、65歳に達する日の前日までに障害等級の1級または2級に至ったことが確認できる診断書の添付が可能であれば、65歳以降でも請求が可能です。