★障害年金のご相談・ご請求は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う
京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分
面談はご希望の場所までお伺いいたします

メッセージを残していただけましたら
折り返しご連絡いたします
075-756-7153
受付時間
お電話での応対は平日午前10時~午後5時となっております
休業日
土曜日・日曜日・祝祭日
障害年金の初回相談は
無料です!
事前にご予約をお願いいたします
ご希望の場所まで出張いたします

加入要件

障害年金の請求を考えるとき、一番初めに、その病気やケガで初めてお医者様に診てもらった日がいつなのかを確認します。この日のことを「初診日」といい、「初診日」において、国民年金や厚生年金の被保険者であることが必要です。

入口は初診日の確認から

 障害年金の加入要件とは初診日において

  1. 国民年金・厚生年金の被保険者であること
  2. 国民年金の被保険者であって日本に住所があり、60歳以上65歳未満であること、となっています。

 そして、この「初診日」を確認するところから始めていきます。

 初診日において加入していた年金制度によって、障害年金の種類が決まりますので、初診日が変わると請求する障害年金の種類が変わることがあります。


初診日とは

 初診日とは、障害の原因となった傷病について、初めて医師又は歯科医師(以下医師等)の診療を受けた日をいい、具体的には次のような場合を初診日とされています。

 

  1. 初めて診療を受けた日(治療行為又は療養に関する指示があった日)
  2. 同一の傷病で転医があった場合は、一番初めに医師等の診療を受けた日
  3. 過去の傷病が治癒し同一傷病で再度発症している場合は、再度発症し医師等の診療をうけた日
  4. 傷病名が確定しておらず、対象傷病と異なる傷病名であっても同一傷病と判断される場合は、他の傷病名の初診日が対象傷病の初診日
  5. じん肺症(じん肺結核を含む)については、じん肺と診断された日
  6. 障害の原因となった傷病の前に相当因果関係があると認められる傷病があるときは、最初の傷病の初診日が対象傷病の初診日
  7. 先天性の知的障害(精神遅滞)は出生日
  8. 先天性心疾患、網膜色素変性症などは、具体的な症状が出現し、初めて診療を受けた日
  9. 先天性股関節脱臼は、完全脱臼したまま生育した場合は出生日が初診日、青年期以降になって変形性股関節症が発症した場合は、発症後に初めて診療を受けた日
     

【注意】

過去の傷病が治癒したのち再び同一傷病が発症した場合は、再発として過去の傷病とは別傷病としますが、治癒したと認められない場合は、傷病が継続しているとみて同一傷病として取り扱います。

 

  • 障害年金の初診日は、医師又は歯科医師の診療を受けた日とされていますので、整骨院、ほねつぎ、鍼灸院等は初診日とは認められません。
  • 発達障害(アスペルガー症候群や高機能自閉症など)は、自覚症状があって初めて診療を受けた日が初診日となります。知的障害(精神遅滞)とは異なるので注意が必要です。

障害年金の3つの要件

加入(初診日)要件

保険料納付要件

障害状態要件