遺族年金受給者の方

遺族年金を受給中の場合、遺族年金と障害年金のどちらかを選ぶケース、両方が併給されるケースがあります。

60歳~65歳未満の方

60歳~65歳までは「一人一年金の原則」により、遺族年金と障害年金のどちらかを選択

します。

65歳以上の方

65歳からは、次の組み合わせの選択になります。

  1. 障害基礎年金 と 障害厚生年金
  2. 障害基礎年金 と 遺族厚生年金(経過的寡婦加算は支給停止)
  3. 障害基礎年金 と 老齢厚生年金 と 遺族厚生年金(先充て停止により老齢厚生年金との差額を支給・経過的寡婦加算は支給停止)

​以上の組み合わせに併せて「年金生活者支援給付金」も考慮します。