★障害年金のご請求・ご相談は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分

受付時間
24時間
休業日
日曜日・祝日

代表者ごあいさつ

資格

特定社会保険労務士

AFP

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

年金マスター(全国社会保険労務士会連合会認定)

日商簿記2級

経歴

平成11年  9月 AFP取得

平成15月  1月 2級ファイナンシャル・プランニング技能士取得

平成22年11月 社会保険労務士試験合格

平成23年  9月 あずま社会保険労務士事務所開業

平成26年10月 特定社会保険労務士付記

平成29月  2月 「オフィスあず」に事務所名変更

平成29年  3月 向日市寺戸町に事務所移転

平成30年  4月 長岡京市今里に事務所移転

所属

全国社会保険労務士連合会 登録番号第26110037号

京都府社会保険労務士会  会員番号第261629号(西支部幹事)

日本FP協会        会員番号第30630702号 

趣味

ピアノ 音楽鑑賞

ごあいさつ

 京都府下の各年金事務所にて、年金給付の窓口相談員として京都府社会保険労務士会から委託を受け、約6年様々な年金相談業務に携わってきました。

 窓口相談の中では、老齢年金にかかる相談が一番多いのですが、最近は障害年金の相談、そして離婚分割といった専門的な知識を必要とする相談が増えています。

 障害年金の相談では、今まで障害年金の制度を全く知る機会がなかったと訴える方、初診日の証明が難しくなかなか前に進めない方、とりあえず診断書だけ持参されるも診断書に不備があり取り直しを指示される方、言い出せば尽きないぐらい様々な方が窓口で戸惑っておられました。

 離婚分割相談においては、ただ何となく年金額が半分もらえると間違った理解をされている方が多いように見受けられました。

 老齢年金相談では、請求書を提出するだけでいいと思われている方がほとんどです。確かにそうなのですが、在職老齢年金の説明、雇用保険制度との調整、障害者特例、繰り上げ・繰り下げ、加給年金と振替加算といった複雑な仕組みが絡んでいるため、老齢年金相談も大変難しいものになっております。

 当相談室は、障害年金請求代行を主たる業務としながらも、他の年金についても精通しておりますので、お一人お一人の置かれている状況から一番有利となる年金のもらい方、また、これから年金はどのようになっていくのか将来を見据えた年金受給プランのご相談をいたします。

 また、年金制度周知にも力を入れていきたいと思っております。

 障害年金だけでなく、老齢・遺族・離婚分割など他の年金のご相談をご希望の方はいつでもご相談ください。

あらゆる年金のご相談は当相談室へ