★障害年金のご相談・ご請求は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う
京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分
面談はご希望の場所までお伺い致します

メッセージを残していただけましたら
折り返しご連絡いたします
075-756-7153
受付時間
お電話での応対は平日午前10時~午後5時となっております
休業日
土曜日・日曜日・祝祭日
障害年金の初回相談は
無料です!
事前にご予約をお願いいたします
ご希望の場所までお伺い致します

ご相談の流れ

障害年金は自分一人でも請求することはできますが、初回相談から請求書提出まで数か月かかるケースが多いようです。中には力尽きて、数年空いてしまう方もおられます。

自分で請求する場合

  • まず、障害年金の「初診日」はご本人が考えておられる「初診日」と異なることがあります。万が一、診査の結果「初診日」が変わった場合、書類そのものの整備を一からしなければならなくなります。場合によっては、制度が変わることもあります。最悪の場合、保険料納付要件を満たさないために、請求できなくなることもあります。
  • 「病歴・就労状況等申立書」と診断書の内容に整合性が認められず何度も書き直しを指示されることがあります。
  • 診断書を作成していただくにあたって、いつの状態の診断書が必要なのか、正しく医師に伝えなくてはなりません。(「初診日」「障害認定日」といった日付の知識が欠かせません。)何度も診断書の訂正を指示されることがあります。
  • 例えば、配偶者の請求をもう一方の配偶者が代理でするケースで、仕事が忙しくてなかなか動くことができず、裁定請求書の提出がどんどん遅れてしまい、1か月、2か月ともらえない年金が増えてしまうことがあります。

このように、お一人で請求される場合のリスクは大きく、非常に労力、時間がかかります。そこで…。

当相談室へご依頼いただいた場合

  • お客様の状態を丁寧にヒアリング、年金事務所で記録を確認、「初診日」「保険料納付要件」をしっかり確認いたします。
  • お客様の発病から現在まで、診断書等と整合性のとれた「病歴・就労状況等申立書」の作成をいたします。
  • 書類作成・提出までを代行いたしますので、裁定請求書の提出が遅れることはありません。

それでは当相談室が提供する障害年金請求代行サービスのお問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

 

当相談室のサービスの流れ

お問合せ

平日はお仕事で忙しいという方のために、土曜日もご予約を受け付けております。

無料相談

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

記録確認

ヒアリングの後、実際に年金事務所へ行って年金記録確認をさせていただき、確認ができましたらご連絡いたします。

ご契約につきましては、この時にお話しさせていただきます。

ここまで全て無料でいたします。

ご契約

ご契約いただきましたら、着手金のお支払いをお願いいたします。

入金の確認を以って、障害年金請求のお手続きを開始させていただきます。

書類収集・作成

受診状況等証明書・裁定請求書・診断書・病歴就労状況等申立書など必要書類は当相談室で用意いたします。医師への面談等必要に応じていたします。

書類作成は必要に応じてご指導いたします。また、必要であれば、全てこちらで作成いたします。

住民票・戸籍謄本等は、原則ご本人様で取得していただきますが、場合によっては代理で取得いたします。

裁定請求書の提出

書類が全て揃いましたら、年金事務所へ裁定請求書の提出をいたします。

後は、結果を待ちます。

報酬お支払

年金受給が決定し年金証書が送付されましたらご連絡ください。

年金事務所にて決定内容、初回支払日等確認します。

確認ができましたら、今後の流れをご説明いたします。

初回振込がありましたら報酬のお支払いをお願いいたします。