★障害年金のご請求・ご相談は年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください★

障害年金を中心に年金のご請求・ご相談を専門に取り扱う京都・長岡京市の社会保険労務士事務所

京都障害年金相談室

運営事務所:オフィス あず
〒617-0814 長岡京市今里5丁目7-35

阪急京都線/長岡天神駅 徒歩約25分
阪急バス⑩⑪/「長岡第二中学校前」又は「あかね」 徒歩約5分

受付時間
24時間
休業日
日曜日・祝日

児童扶養手当との調整

平成26年11月分までと平成26年12月分からの、同一のお子様を対象とした自分(例えば夫)の「障害基礎年金の子加算」と配偶者(例えば妻)に支払われる「児童扶養手当」の受け取り方が変わります。

平成26年11月分までの受け取り方

平成23年4月以降、同一のお子様を対象とした障害基礎年金の子加算、または児童扶養手当を受けることができる場合、いずれか金額の高い方のみを受け取っていました。

これまで障害年金の受給権発生時に生計維持している配偶者や子がいる場合にのみ加算が行われていましたが、受給権発生後に生計維持している配偶者や子がいる場合にも加算が行われるようになりました。


平成26年12月分からの受け取り方

同一のお子様を対象とした障害基礎年金の子加算、または児童扶養手当を受けることができる場合、一律に子加算を優先して受け取ることになります。

また、障害基礎年金の子加算の額が児童扶養手当の額を下回るとき、その差額分の児童扶養手当を受け取ることになります。


平成26年11月以前分の障害年金を遡って請求するとき

平成26年11月分以前は、障害基礎年金の子加算か、配偶者に支払われる児童扶養手当のどちらかを選択する形でした。

どちらを受け取るのかによって、年金請求書への記載内容や提出書類が変わります。

障害基礎年金の子加算を選択

配偶者が児童扶養手当を受けており、障害基礎年金の子加算への移行を希望する場合

  • 障害年金請求書に子加算の対象となる子について記入
  • 「障害基礎年金の子の加算請求に係る確認書」を提出
配偶者に支払われる児童扶養手当を選択

障害基礎年金の子加算ではなく、配偶者に支払われる児童扶養手当を受け取る場合でも、平成26年12月分以降は、一律に子加算を優先的に受け取ることになります。

  • 「障害給付加算額・加給年金額加算開始事由該当届」を提出

その他メニューのご紹介

はじめて障害年金についてご相談される方

当相談室のご相談の流れです

当相談室の料金について

あらゆる年金のご相談は当相談室へ